ようこそ しながわの子育てセンター『品川保育問題協議会』ホームページへ!

2021年署名のお礼と報告

2021年署名のお礼と報告

新年度になりました。
 入園・入学・進級されたお子さん、ご家族のみなさまおめでとうございます。
 今年も子どもたちの豊かな育ちを、一緒に応援すべく活動を進めたいと思います。

 早速ですが、昨年からご協力を頂きました「一人ひとりの子どもが大切にされる品川区を求める請願」ですが、2月4日に提出、2月22日に文教委員会で審査をされ、この度、審査の結果の通知が届きましたのでご協力のお礼とご報告をさせていただきます。

請願書名結果
請願書名結果(PDF)
 
 みなさまからの署名は、1436筆集まりました。ご協力ありがとうございます。感謝しております。
 審査をした文教委員会の中で、今年4月の保育園の申込数、一次の承諾数と不承諾数等の数がわかりました。(申込3104名・不承諾913名)申し込んだ29.4%がまだ入れていない状況です。二次がこれからあるとはいえ、全ての希望者が入園できるかどうかはわかりません。今後も認可園の増設計画はあります。保育環境についても委員が質問をして下さり、園庭の整備に予算がある、公園の改修時には近隣保育園の話も聞いていること、弾力化で基準は守りつつも定員以上の子どもたちを受け入れていること、保育士の処遇について区の独自加算があること等がわかりました。
 認可保育園の増設等は必要であると日本共産党・安藤たい作区議と、品川生活者ネット・吉田ゆみこ議員が採択に賛成をして下さいました。しかし、賛成者少数で結果、不採択でした。(委員会での審査内容は品川区議会ホームページ「会議録」をご覧下さい。)
 保育園は今子育てのためになくてはならない社会資源です。最初のスタートから「不承諾」と途方に暮れさせるのではなく、「必要なら申し込んでください、入れますよ」と応援してくれる品川区になってほしいなあ。
 区議会請願の結果にがっかりすることなく、あきらめずに引き続き要望していきますので、また一緒に声をあげて下さい。

 コロナの第6・7波と言われる現在、保育園・幼稚園・学校でも陽性者がたくさん出ています。コロナ禍でも対応可能な環境整備を行っていただき、子どもたちの育ちを保障してほしいです。当会で、署名以外にも要望書を区に提出し、回答もいただいておりますのでぜひご覧ください。
 
要請書回答
要請書回答(PDF)

コメント



認証コード2509

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional